ストレスの多い現代社会

セロトニンと睡眠

 セロトニンは朝活性化させると仕事や勉強、家事などがはかどります。よい1日のスタートがきれます。

しかし、セロトニンは蓄積しておくことができません。昼間デスクに座ったままだったりするとセロトニン神経はどんどん低下していきます。
さらに仕事でストレスが加わるともっと低下します。そこで昼間もリズム運動などを意識する生活が必要です。

 また、夜の睡眠も大切になってきます。睡眠をとって前日の疲れをとっておかないと、次の日の朝、元気に起きることができないですよね。

 太陽の日の出とともにセロトニンが活性化し、夜はメラトニンが分泌されることで熟睡できます。

 メラトニンはホルモンで

 トリプトファン→セロトニン→メラトニンの順に作らせます。メラトニンを十分な量作るには夕方までにセロトニンを十分作っておくことが必要になります。

 メラトニンはセロトニンと逆で、目に太陽の光が入ってこなくなると作られ始めます。目を閉じることで光を遮断すると生体時計が睡眠スイッチを押すのです。

 メラトニンが十分でないと、睡眠にもなかなか入れないし睡眠の質も低下します。

 朝の目覚めがすっきりしない、セロトニンの分泌が悪くなって午前中に活発に活動できない、すると夜眠れない。こんな悪循環になってしまいます。

 睡眠時間を長くするのではなく、その人にあった睡眠の質を高めるようにしましょう。
posted by wing at 22:15 | セロトニン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

セロトニンとは

 セロトニンは脳内物質です。脳内にあるセロトニン神経から分泌される神経伝達物質で、脳の活動を調節する働きがあります。
ドーパミンやアドレナレンと同様の物質です。ドーパミンはよく聞く言葉ですね。ドーパミンやアドレナリンは快や不快をつかさどる働きがあります。


 セロトニンはすべての動物に存在することがわかっています。セロトニンは眠っているときは脳内にはでません。夜暗くなると眠くなる、朝、太陽の光を浴びると目が覚める、という覚醒をつかさどっています。
体が目覚めている間にセロトニンは作られます。

 セロトニンの主な働きは「こころ」のバランスをとることだそうです。ストレスを感じれば受け流し、気分を切り替えようとします。

セロトニンが脳内に不足してくると怒りっぽくなったり落ち込みやすくなります。


この頃の研究で、セロトニンが不足していると気分が落ち込むというのはわかってきたそうです。

体調がすぐれないとか、気分が落ち込む、これにはさまざまな原因がるのは、当然です。いろいろな原因が複雑に絡み合っていますよね。
そのなかに、セロトニンも関係しているんですね。


 セロトニンが不足するのは精神的あるいは肉体的なストレスが一番大きいということです。
現代社会でストレスを受けずに暮らすことは難しいので、セロトニンを増やさないといけないようですね。
タグ:セロトニン
posted by wing at 22:08 | Comment(0) | セロトニン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。