ストレスの多い現代社会

セロトニン、5つの働き

セロトニンの働きは大きく分けて5つあります。

1. 「すっきりと爽快な意識を作り出す」ということです。脳が活発に働くと、健康で姿勢もすっきりと正しく人にもさわやかな印象を与えます。もちろん自分も爽快感で満たされるはずです。

2. 「平常心を維持することができる」ということです。感情のコントロールをするのにセロトニンが役立つので、いやなことがあってもうまく受け流せます。

3. 「交感神経を適度に興奮させる」ということです。昼間に交感神経が優位になりますが興奮しすぎたり運動しすぎると交感神経が緊張してしまいます。セロトニンはそのような興奮を適度に活動的な状態を作るように維持してくれます。

4. 「痛みを軽減する」ということです。実験では血中のセロトニン濃度が高いと痛みに対する刺激が弱くなるのです。

5. 「姿勢がよくなる」ということです。首、背骨の周囲などの抗重力筋を支える運動神経の細胞にセロトニンが流れると筋肉が適度に緊張自然と姿勢がよくなります。


 セロトニンは脳の中にあるセロトニン神経から分泌される神経伝達物質です。脳の活動を適度に調節いる働きを持っています。

ストレスを受けずに入られない現代社会の生活の中で、いかにセロトニンを多く分泌してストレスに強い脳になるかがカギとなります。
posted by wing at 19:14 | セロトニン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。