ストレスの多い現代社会

セロトニンとは

 セロトニンは脳内物質です。脳内にあるセロトニン神経から分泌される神経伝達物質で、脳の活動を調節する働きがあります。
ドーパミンやアドレナレンと同様の物質です。ドーパミンはよく聞く言葉ですね。ドーパミンやアドレナリンは快や不快をつかさどる働きがあります。


 セロトニンはすべての動物に存在することがわかっています。セロトニンは眠っているときは脳内にはでません。夜暗くなると眠くなる、朝、太陽の光を浴びると目が覚める、という覚醒をつかさどっています。
体が目覚めている間にセロトニンは作られます。

 セロトニンの主な働きは「こころ」のバランスをとることだそうです。ストレスを感じれば受け流し、気分を切り替えようとします。

セロトニンが脳内に不足してくると怒りっぽくなったり落ち込みやすくなります。


この頃の研究で、セロトニンが不足していると気分が落ち込むというのはわかってきたそうです。

体調がすぐれないとか、気分が落ち込む、これにはさまざまな原因がるのは、当然です。いろいろな原因が複雑に絡み合っていますよね。
そのなかに、セロトニンも関係しているんですね。


 セロトニンが不足するのは精神的あるいは肉体的なストレスが一番大きいということです。
現代社会でストレスを受けずに暮らすことは難しいので、セロトニンを増やさないといけないようですね。
タグ:セロトニン
posted by wing at 22:08 | Comment(0) | セロトニン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。